スポンサードリンク

熱帯魚が病気になるわけ

熱帯魚を見ていると何かと忙しい日々を癒してくれますが、皆さんも熱帯魚を飼育していると一回は必ず熱帯魚の病気に遭遇する事と思います。熱帯魚が病気なるのには理由があります。多くの場合において熱帯魚を初めて飼育をする人には、水槽の水を安定させる事になれていないため、病気になり易い状況を作っているのかもしれませんのでご紹介します。
・温度
水槽内の水温が極端に低い場合、または高い場合も病気の原因になります。急激な温度の変化は熱帯魚にとっては良くないです。
・水の汚れ
エサの食べ残しや熱帯魚の死骸なども水質が悪くなる原因の一つなので、そのことも病気の原因になります。
・水質
飼育する熱帯魚の水質にあっていないと病気になり易いのです。たとえば、弱酸性を好む熱帯魚にアルカリ性の水で飼育していると病気になりやすいということです。また逆に、弱アルカリ性を好む熱帯魚に酸性の水で飼育する事が病気の原因にもなります。また水の硬度がその熱帯魚に合ってないと病気の原因になるといえます。
・新しい熱帯魚
知り合いから譲り受けた熱帯魚、またはショップで買ってきた熱帯魚が病気だった場合で、自分の水槽にその病気の熱帯魚を入れてしまうことで他の熱帯魚も病気になる可能性がでてきます。それらを貰わない、買わないように、病気の熱帯魚を識別できる知識を学んでいきましょう。
・外部的要因
自然の川などから拾ってきた石や水草などは、細菌が付いている場合があり、熱帯魚に感染してしまうと病気になります。ですからなるべくなら外で採取をしない方がいいのですが、もし採取するのなら良く洗ってから、別の容器に入れて、様子をしばらく見てから水槽に入れる事をおすすめします。他にも、水槽の近くで殺虫剤やバルサンなどの様なものを使うと熱帯魚が死んでしまう可能性もありますので十分に注意をしましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。